【It’s up to you】「君に任せるよ」/意味・使い方/英会話

ベンチに座って話している男性と女性 英語フレーズ
This is a picture of a man and a woman sitting on a bench and talking.

*更新日:2024年1月7日

とりかむ君
とりかむ君

こんにちは、とりかむです!

今回は「君に任せるよ。」と言いたいときに使う英語フレーズのご紹介です。

そのフレーズがこちら。

 

“It’s up to you.”

 

この英語は映画なんかでも出てきます。

詳しく見ていきます。

“It’s up to you.”の意味

このフレーズの意味はこちら。

It’s up to you.
「あなたに任せるよ。」

例)
Where do you want to go from now on?
It’s up to you.
「今からどこ行きたい?
君に任せるよ。

What do you want to order?
It’s up to you.
「何を注文したい?
あなたに任せる。

 

使われるシーン

“It’s up to you.”は、とても便利な英語フレーズです。

こちらのフレーズは、以下のようなときに使うことができます。

  • 自分では決められないとき
  • 相手の意見を尊重したいとき

 

省略形:”Up to you.”

また「It’s」を省略して、下記のというようにも使われています。

“Up to you.” 「あなたに任せるよ。」

意味は”It’s up to you.”と同じです。

シチュエーション付きで例文を見ていきましょう。

 

シチュエーションで例文

とりかむ君が、とりかなちゃんと遊んでいました。

今から映画を観に行こうということになり、映画館に来ました。

たくさんの作品が上映しています。

とりかむ君たちは、どの作品を観るのでしょうか。

とりかな
とりかな

There are so many movies.
「たくさんの作品が上映してるね。」

とりかむ君
とりかむ

Yeah!
「そうだね!」

とりかな
とりかな

Which movie do you want to watch?
「どれ観たい?」

とりかむ君
とりかむ

It’s up to you!
まかせるよ!

とりかな
とりかな

Really?
「ホントに?」

とりかな
とりかな

So…Star Wars!
「じゃあスターウォーズ!」

とりかむ君、観る映画をとりかなちゃんに譲ってあげました。

そして意外にもSF好きのとりかなちゃんでした。

 

まとめ

今回ご紹介したフレーズはこちら。

“It’s up to you.”

「君に任せるよ。」

こちらのフレーズは、映画に出てきたり、日常会話でも使われます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

とりかむ君
とりかむ君

ぜひ活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました