【holy moly】「驚いた!」「なんてことだ!」「なんだって!」/意味・使い方・例文

虫眼鏡でカメラを見ている男性 英語フレーズ
This is a picture of a man looking at the camera with a magnifying glass.
とりかむ
とりかむ

りゅうかむ へようこそ!

本日ご紹介するのは「驚いた!」、「なんてことだ!」と言いたい時に使う英語フレーズです。

そのフレーズがこちら。

 

“holy moly”

 

詳しくみていきましょう。

”holy moly”の意味

“holy moly”
「驚いた!」
「なんてことだ!」
「なんだって!」

“holy moly”は感嘆を表すスラング言葉になります。

使われるシーン

こちらの”holy moly”は、以下のようなシーンで使われます。

  • 驚いたとき
  • 印象的だと思ったとき
  • 衝撃を受けたとき
例)
Holy moly! Did you see how fast he is?”
驚いた!彼の足の速さ見た?」

次はシチュエーション付きの例文を見ていきましょう。

 

シチュエーション付き例文

とりかむ君、とりかなちゃんと釣りをしています。

とりかむ君は順調に釣れていますが、とりかなちゃんは全く釣れていないようです。

とりかむ
とりかむ

“Did you catch any?”
「何か釣れた?」

とりかな
とりかな

“I can’t catch any fish at all…”
「全く釣れない…。」

とりかな
とりかな

“I think I’ll take a break…What!? Wait a second!”
「休憩しようかな…、えっ!?ちょっと待って!」

とりかな
とりかな

“I did it! I caught it!!”
「やったよ!釣れた!!」

とりかむ
とりかむ

Holy moly! You caught a big fish!”
なんだって!大物釣れたね!」

とりかなちゃん、諦めかけていましたが、釣れたようです。

しかもかなり大きい魚だったようです。

 

まとめ

今回ご紹介したフレーズはこちら。

“holy moly”
「驚いた!」
「なんてことだ!」
「なんだって!」

最後までお読みいただきありがとうございました。

ぜひ活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました